楽しかった思い出を、写真に残していきます。 あとで元気がでるように。 内容はいろいろです。

Prev  «  [ 2017/10 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

ゆめ

Author:ゆめ
性別:女
年齢:ひ・み・つ
趣味:カメラを持ってぶ~らぶら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

ポンペイ壁画展へ行ってきました~♪

DSC02497_convert_20161019172310.jpg
2016年10月19日撮影

7年前に ポンペイを訪れましたが・・・・壁画はほとんど見てなかったので・・・・・

その壁画展が開かれるということで・・・楽しみにしていました。


いや~ぁ  火山灰の威力は凄いですね。シリカゲルの作用があるということで・・・・・

その色・つや は、見事‼   何の災害もなかったかのようです。


顔料には、色岩石や貝殻や鉄のさびなどが使われていました。

エジプト青(水色)やポンペイ赤(朱色がかった赤)が人気の色だったそうです。

漆喰壁に顔料で描かれた室内の装飾画は、とても2000年前に描かれたものとは思えません。

遠近法も用いられていましたよ。

絵を描く道具も展示されてました。 独楽のように見える「下げ振り」(垂直線を描く時に使う道具)・コンパスetc.


室内装飾画としては・・・酒の神様ディオニュソス(ギリシャ名)(ローマ名はバッコス・英語名はバッカス)がたくさん描かれてました。 

他にポンペイの守護神ウェヌス(ローマ名)(ギリシャ語ではアフロディーテ・英語ではヴィーナス)                                                                                                                                                             
アレクサンドロス大王とスタテイラ(征服した国の王女で妻となる)・・・・アレキサンダー大王の絵は初めて見ました。

「踊るマイナス」・・これは「ディオニソスの信女」と、説明されてました。ボッティチェリの春の三美神のような透けた衣装をまとってましたよ。


※マイナスとは・・・・
古代ギリシャにはマイナスと呼ばれるディオニュソスの女信者がいました。
紀元前425〜415年頃の壺に「ディオニュソスを祀るマイナスたち」が描かれており、女信者たちが神にワインを捧げている。神の像は木の杭に仮面を被せ衣を着せた簡素なもの。アテネには酒神の祭りがいくつかあった。
ここに描かれているのは1月のレナイア祭りのようで、マイナスたちが我を忘れ踊り狂うこの祭りは、女たちにとって特別な日だった。(pen books 美の起源、古代ギリシャ・ローマ)



ポンペイと同じヴェスビオ火山の近くにあるエルコラーノの壁画も数点展示されていました。見事です。


数々のフレスコ画を観て・・・・芸術の秋を満喫してきました~(^^♪



ポンペイ壁画展は、兵庫県立美術館で12月25日まで開催されています。



陸橋から海へ続くスロープを下り南から入ると、わかりやすいです。
DSC02494_convert_20161019202526.jpg

DSC02496_convert_20161019202009.jpg


※現在 i pad から管理ページに入れない状態で、普段は i padを見ていて PCは必要なときだけ使っているので、拍手コメを頂いても気付かず すぐには返信できないかもしれません。(>_<) (これは、PCで書いています。)

スポンサーサイト

C

omment

P

ost omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://urarakaarubamu.blog33.fc2.com/tb.php/451-e0d6a0bd


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR