楽しかった思い出を、写真に残していきます。 あとで元気がでるように。 内容はいろいろです。

Prev  «  [ 2017/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

ゆめ

Author:ゆめ
性別:女
年齢:ひ・み・つ
趣味:カメラを持ってぶ~らぶら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

遥かなるルネサンス展に行きました。 ⅱ

DSC03187_convert_20170718163940 - コピー
2017年7月13日撮影


展示会では、ゲストが記念撮影できるスポットが用意されてます。

今回は、こちら天正遣欧使節団と一緒に。   大きくすれば、4人の名前が読め・・・るかなぁ (^^;


DSC03186_convert_20170718163909.jpg

看板の右の男性は、この右端の伊東マンショです。

伊東マンショが、美魔女と踊った?   美魔女とは誰?



ここで、前回の最後に出てきたフランチェスコ・デ・メディチが登場します。

2代目トスカーナ大公 フランチェスコは、お父様コジモや、おじいさま(黒隊の)ジョバンニとは違い、学研肌の貴公子だったようです。


神聖ローマ帝国のハプスブルグ家から王妃を迎えますが、その前にヴェネツィアから逃避してきたヴェネツィア貴族の娘 ビアンカ・カッペロを愛人としています。


正妻の王妃は子供を残し若くして亡くなります。(1578年没)  そのあとにフランチェスコはビアンカと結婚します。


少年使節が渡欧したのは、その頃なんですね。


ビアンカ・カッペロは、なにかと悪く言われていたようです。

詳しくは、塩野七生氏の短編小説 愛の年代記をご覧ください。


それにしても・・・・・・

教科書に出てくる伊東マンショと、塩野七生さんの小説が、神戸で リンクするとは思いませんでした~♪

そして・・・・・この愛のお話は、宝塚で上演できるほど愛に満ちています。



左のビア・デ・メディチは、ブロンズィーノ筆   右の伊東マンショは、ヴェネツィア派のティントレット筆です。


少年使節団が回った諸都市の絵画や書物など、たくさん展示されていましたが・・・・・

私の中では、フランチェスコの肖像画とビアンカ・カッペロの肖像画が一番印象的でした~♪ 




博物館を出て・・・・・

DSC03188_convert_20170718164222_20170719121230d17.jpg

いつもとは違う道を帰りました。


DSC03189_convert_20170718164259_20170719121634011.jpg

DSC03190_convert_20170718164342.jpg
 

DSC03191_convert_20170718164421_201707191221434c5.jpg

DSC03192_convert_20170718164457.jpg


DSC03193_convert_20170718164637.jpg


DSC03194_convert_20170718164709.jpg

DSC03195_convert_20170718164745_201707191225253c3.jpg

向こうの方に、大丸が見えます。

DSC03196_convert_20170718164854.jpg

DSC03197_convert_20170718164927.jpg


DSC03198_convert_20170718165342.jpg

KIMG0536_convert_20170718165402.jpg

戦火に遭いましたが・・・・・所々に戦前の貴重な遺物が残っています。  


日常を離れた神戸ぶらぶら散歩は、ステキでした~ (^^♪


 

スポンサーサイト

遥かなるルネサンス展へ行きました。

DSC03176_convert_20170718163221.jpg
2017年7月13日撮影

電車の中つり広告で、「遥かなるルネサンス」として、1585年にイエズス会の招きでイタリアへ渡った少年使節団がローマで法王に謁見した後 訪ねたイタリア諸都市の、その時代の絵画などの展示会をしているというので・・・・・・


それも、7月17日までというので・・・・・・・


これは行かねば・・・と、思い・・・・・・


行ってきました~♪


DSC03175_convert_20170718163141.jpg

大丸の西の通りをまっすぐ南へ歩きました。


通りの西側に南京町の門が見えます。




JA兵庫県農業会館のところで東へ。   一枚目の写真は、曲ったところで東を見てます。





進むと・・・・・
DSC03177_convert_20170718163301.jpg

海外ブランドのお店が並ぶ通りです。  以前は、この通りを南へ歩いたのですね。


DSC03182_convert_20170718163528.jpg

少し行くと、通りの南側にL.L.ビーンのお店が見えます。ずいぶん間口が広いです。


DSC03179_convert_20170718163337.jpg

以前 写し忘れた15番館と16番館の境界を示す標柱です。



東側の15番館は・・・・・
DSC03180_convert_20170718163414.jpg

旧アメリカ領事館。  16番館は、確か今風なビルになっていたと・・・



DSC03181_convert_20170718163454.jpg

道を渡って・・・・旧居留地と書かれたプランターが並んでいるのを見ながら・・・・


次の角を左に曲がると・・・・・・
DSC03183_convert_20170718163603.jpg

本日の目的地・・・神戸市立博物館に到着です。


実は、もうそろそろ終わる頃だし・・・・・・

週の半ばだし・・・・・・・まぁ、空いてるだろうと思っていたのですが・・・・・

DSC03184_convert_20170718163838.jpg

当日券を買うための窓口に行列ができてました。 (^^ ;     チケット購入で並んだのは、初めてです。

ちなみに展示会場は3階なのですが、エレベーターの乗り場でも並びました。 ・・・すごい人気~♪


DSC03186_convert_20170718163909.jpg

本展示会の看板の二人です。






このメディチ家のプリンセスとは・・・・・・


トスカーナ大公 コジモ・デ・メディチが正式に結婚する前にできた庶子なんです。名前は、ビア・デ・メディチ

庶子なんですが・・・お父様コジモにも、おばあさまマリア・サルヴィアーティ(ロレンツォ豪華王の外孫)にもたいへん愛されたそうです。 残念ながら、6才で病没してしまいました。






メディチ家の系図は、同じ名前が何人も出てくるのでごちゃごちゃになってしまいますが・・・・こちらが分かりやすいです。参考にどうぞ。


ロレンツォ(イル・マニーフィコ)の長女(系図の左端のルクレツィア)がフィレンツェの銀行家サルヴィアーティ家へ嫁ぎ、その娘マリアが 系図②弟脈の黒隊のジョバンニに嫁いだ。  ジョバンニとマリアの息子がコジモ。


少年使節がイタリアを訪れたのは、そのコジモの時代も済んで・・・・・
跡継ぎの第2代トスカーナ大公 フランチェスコの時代になっていたのですね。


次回は、右の「あの美魔女と踊ったのは・・・」の美魔女のことを・・・・
(つづく・・・)


異人館 ベンの家

DSC03092_convert_20170715105854.jpg
2017年6月23日撮影

(ブログに載せる許可をいただきました。)

ベンさんはハンターとして、この時代 有名人だったようですね。


DSC03091_convert_20170715113338.jpg


DSC03093_convert_20170715105928.jpg

この他にも・・・・・・・・うわぁ‼  と、思うような剥製もいろいろ展示されていますよ。



中庭に・・・・・
DSC03094_convert_20170715110005.jpg

ビワが実りかけていました。




あまりにも暑いので・・・・・・・

DSC03101_convert_20170715110253.jpg

涼をとるために・・・・・・

DSC03098_convert_20170715110201.jpg

パラスティン邸へ入りました。

レストランになっています。


DSC03096_convert_20170715110058.jpg

オレンジムースのアイスケーキのアイスティーセットをいただきました。

ス~っと、汗が引きました。  (^^♪




こうして一旦ホテルへチェックインしましたが・・・・・


夕方 トアロード沿いのイタリアンレストランへ夕食に出かけました。


DSC03110_convert_20170715111629.jpg

アンティパストとして、ハムと野菜の盛り合わせ。

プリモとして、パスタをいただき・・・・・・


DSC03113_convert_20170715111718.jpg

これは、セコンドのシーフードと野菜の蒸し焼きです。お鍋に入って出てきますが、お皿にとりました。
盛り付けが、ちょっと・・・・・・(^^ ;



神戸は、どこもオシャレですね。 (^^♪


DSC03117_convert_20170715111407.jpg

お店を出てホテルへ戻る頃には、夕暮れになってました。

NKH神戸支局です。 日付の左上にNHKのマークが見えるでしょうか?


DSC03119_convert_20170715111448.jpg

こうして、山本通にある北野ホテルへ戻りました。 北野ホテルは、東西に長いホテルなんですね。


神戸一泊旅行は、なかなか中身の濃い旅行となりました。   (^^♪

(完)










異人館 フランス館(洋館長屋)

DSC03088_convert_20170712203227.jpg
2017年6月23日撮影

(ブログに載せる許可をいただきました。)


中央の玄関の両側に、棟が並んでいるから洋館長屋というのだそうです。


それにしても・・・・


内部は、豪華な調度品の数々が優雅に納まっていました。


DSC03083_convert_20170712202854.jpg


DSC03084_convert_20170712202933.jpg



そして、フランスといえば・・・・・・




DSC03086_convert_20170712203050.jpg

ルイ・ヴィトンのヴィンテージもののトランク


豪華な衣装を型崩れしないように収納できるトランクだそうです。


貴族たちはルイ・ヴィトンのトランクを数十個積み込んで旅行したんですね。



DSC03085_convert_20170712203014.jpg

ぜひ・・・・・ゆっくりお読みください。



もう少し詳しい内容は、こちらをどうぞ。


成功した人には、逆境と人一倍の意欲と、そしてちょっとした幸運が付いているのですね。




また・・・・・・


DSC03089_convert_20170712203302.jpg



異人館の中で、世界的に有名なメーカーの物語を知ったのでした。  (^^v

もっと いろいろと展示されています。

(つづく・・・)

異人館街 英国館

DSC03080_convert_20170708152304.jpg
2017年6月23日撮影

これまで、うろこの家にしか入っていなかったので、今回は北野通りの異人館へ入ることにしました。

ブログに載せる許可をいただきました。


DSC03061_convert_20170708150749.jpg


DSC03062_convert_20170708151318.jpg

夕方からは、こちらでお酒が飲めます。


DSC03063_convert_20170708150822.jpg




DSC03072_convert_20170708151812.jpg

ベーカー街221b といえば・・・・・・



DSC03064_convert_20170708151412.jpg

DSC03071_convert_20170708151739.jpg


シャーロック・ホームズ が、いろんなところで現れます。

お好きな方は、マントを着て撮影もできますよ。


いろんな物が展示されています。


DSC03067_convert_20170708151447.jpg


イギリスといえば・・・・・・・

紅茶


そして・・・・・

DSC03081_convert_20170708152354.jpg


女王様のお通り・・・・・


ティーパーティーが始まりますよ。



アリスも、ひょこっと現れます。   今のキャラクターのように、愛想笑いしないなぁ・・・  (だから、写真は無し)


DSC03079_convert_20170708152211.jpg

ホームズは、笑わなくてもいいので・・・・・



6月末は・・・・・・
DSC03075_convert_20170708152001.jpg


DSC03082_convert_20170708152436.jpg


DSC03078_convert_20170708152122.jpg


DSC03060_convert_20170708150715.jpg

アジサイが、見ごろでした~♪


もっとたくさん、いろいろ展示されています。

つづく





                 <今年のユリ>

DSC03158_convert_20170708144304.jpg


DSC03161_convert_20170708144334.jpg
アスカ


DSC03170_convert_20170708144410.jpg
ピコ


DSC03173_convert_20170708144439.jpg
ベロニカ

八重のユリがあるのですね。  咲いていても、ユリとは思わないかもしれません。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR